BBBに関する記事

BBBの副作用はあるの?妊娠中・授乳中でも飲める?

ダイエットやボディメイクのために、BBBを飲んでみたいという人も多いですね。毎日口に入れるサプリですから、やはり気になるのが安全性です。そこで、BBBに副作用はあるのか、妊娠中や授乳中でも飲めるのかなど、安全性について紹介しましょう。

BBBの副作用は?飲み合わせの心配はある?

BBBはお薬ではなくサプリメントで、食品の仲間ですから、副作用の心配はまずありません。原材料も安全なものが使われていますし、BBBのメイン成分HMBは国産の安心できる原料が使われています。

安心の国産の工場で作られていますし、品質は確かですね。ただし、食品アレルギーがある人は注意が必要です。

牛乳や大豆などアレルギーを起こしやすい成分が含まれていますから、しっかり成分表を確認してから飲むのが大事ですね。持病などでお薬を飲んでいる人は、飲み合わせが心配になりますが、特に問題はありません。

もし不安なら、担当の医師に相談してから飲むようにしましょう。

BBBで下痢になった?

BBBは栄養機能食品ですから、正しい飲み方をしてるなら下痢をすることはまずありません。1日1包が適量ですが、量を多く飲み過ぎてしまうと下痢を起こす可能性がありますね。

BBBにはブラックジンジャーというハーブが含まれています。ブラックジンジャーのアルギニンという成分は、胃腸を活性化させる働きがあります。

だから、BBBを過剰に飲みすぎてしまうと、腹痛や下痢を起こす可能性がありますね。しっかりと目安量を守って飲む分には下痢を起こす危険はありませんから、過剰摂取には十分注意しましょう。

BBBは妊娠中・授乳中に飲んでも問題ない?

BBBは妊娠授乳中に飲んでもOKです。栄養機能食品ですから、妊婦さんや赤ちゃんの体に影響を与える心配はありません。

ビタミン類や養蚕など妊娠授乳中に必要な栄養が含まれていますから、栄養補給にもなりますね。ただし、妊娠中の体重コントロール、授乳中の産後ダイエットとして、ファスティング目的で飲むのはおすすめできません。

妊娠授乳中は体がデリケートな時期で、しっかりと栄養を取らないといけないですね。無理な減量は体によくありませんから、きちんと食事を取りながらBBBを飲むのが大事です。

BBBの安全性は?

BBBは安心の国産で、主成分のHMBも純国産の原料が使われています。しかも、医薬品レベルのGMP工場で作られていますから、高品質なサプリメントですね。

GMP工場というのは、厳格な品質基準を満たしている工場のことです。原料の入荷からサプリの製造、検査や管理、出荷まで、全ての工程で高品質だという証でもありますね。

そんなGMP工場で作られているBBBは安全性が高く、毎日安心して飲める高品質なサプリメントです。

まとめ

BBBは安全安心のサプリメントで、副作用の心配はほぼありません。栄養機能食品ですから、妊娠中や授乳中でも飲めるほど安全ですね。

ただし、過剰摂取してしまうと体に色んな影響が出てしまいます。きちんと推奨量を守って、1日1包くらいにしておくのが大事ですね。BBB 口コミもチェックしてみてくださいね。